2015年08月13日

150813 世界名作劇場展

IMG_5034.JPG

東武百貨店 THE 世界名作劇場展

行ってきました。てっきりガチ勢のオッサンばかりかと思ってたら、むしろ女性客ばかりで、オッサンはほとんどいませんでした。

「世界名作劇場」といえば、やさしく聡明な少女たちが魅力であり見どころですが、設定画等を原画で見る限り、ダントツで一番かわいかったのがラスカルだったのが意外でした。

名劇の動物キャラは、ストーリーに必要ないケースがぶっちゃけ少なくないため、個人的にはそんなに好きじゃないのですが、さすがに一世を風靡したRSCL先輩は一味違った。「これはむしろ人気でない方がおかしいだろ」というレベルでした。

ポケモンキャラデザの杉森建さんも「世界名作劇場展はグッズがかなり本気出してるので厳選して買わないと破産します」と言ってましたが、日アニはキャラクターグッズ展開に長い歴史があるためか、確かにどのグッズも洗練されていました。

名劇展は、東京を皮切りに全国を回るという情報も見かけたため、今後は地方開催の可能性もあるかもしれません(裏を取ったわけではないので、間違ってたらスミマセン)。



IMG_5036.JPG

帰りに三省堂に寄り、本を2冊購入しました。



こころを病んで精神科病院に入院していました。

安藤たかゆき(雲虎)先生の初単行本です。苦労人の漫画家さんなので、満を持しての商業デビューとても感慨深いです。単巻でキレイにまとまっており、読後感さわやかでした。



純喫茶へ、1000軒

「純喫茶コレクション」の難波里奈さんの2冊目の書籍です。ファンなので応援も含めて購入。

余談ですが、「純喫茶コレクション」を見はじめたころ、友人と「管理人は50歳くらいのオッサンだろう」と話し合ってたのですが、実際はきれいな女性で、しかも純喫茶に行き始めたキッカケが、

当時好んで購入していた古着の、かわいいワンピースを着るたびに「背景や空間も着替えることができたなら」と思い、ちょうど入った純喫茶がそのイメージにぴったりの場所だと気付いたこと。
(「純喫茶へ、1000軒」 P3より)

という、自分的には予想外すぎる理由で衝撃を受けました。
posted by 牛帝 at 23:56 | Comment(2) | 体験レポ