2017年12月31日

(2017/12/31) 大晦日のご挨拶

□ 大晦日のご挨拶

2017年はストレスの蓄積から体を壊し、3年半くらい続けたバイトを退職しました。
本来の予定では2〜3ヶ月養生して、旅行でもしてから心機一転働くつもりでしたが、結局年内には体調が回復しませんでした。
無職でも元気ならまだ良いのですが、無職で瀕死というのは辛く、正直なところ人生で最悪の一年でした。

2018年こそは良い年になってほしいのですが、毎年、「今年こそは良い年になりますように」と願っては最悪の一年になる繰り返しですのでまぁ…という感じです。



□ 『中年男子の日常 1巻』

2017年9月から中断をはさみつつほぼ毎日更新している4コマ漫画『中年男子の日常』の分量がたまったので、DLsite他で『中年男子の日常 1巻』を出しました。

ここ数年、漫画運が最悪で、漫画で1円でも稼ごうとすると、相当がんばった挙句に作品がポシャって、時間や労力を大損した上に、『失敗』という事実によって悪循環が加速するばかりでした。

ですが、『中年男子の日常 1巻』では特に辛いこともなく、普通に数千円の収益が入りました。時給換算でも100円を超えており、屑運の僕でもこんなことがあるのかと驚いています。

屑運の僕にもちょっぴり良い流れがくるという異常事態が起こったので、何かの間違いで、これまでの毒が裏返って漫画が大当たりしないかなとひそかに願っております…w



□ 過去最高の年産枚数

2017年は体調不良が激しく、働くどころか、外出すらままならなりませんでした。

しかし、引きこもってたことで逆に創作活動ははかどり、一年間の執筆枚数は過去最高の213ページ/年まで伸びました。

2007年の193ページ/年はもう一生越えられないと思っていたので、それを超えられた上に200ページの壁も初めて突破できて、とても励みになりました。無職だから達成できた数字ではあるのですが…

話は変わりますが、昨年の夏ごろ、Amazon社長のジェフ・ベゾスも愛読した(らしい)、『ビジョナリー・カンパニー2』というビジネス書を読みました。
その影響で、自分が情熱を燃やせることはなんだろうと半年くらい考えた結果、『ほぼ毎日なにかをネットにうpって反応をもらうこと』だと結論づけました。時期によってうpるネタは違いますが、激辛レビューより前の個人サイト時代からもう18年間くらい続けていますので、たぶん間違いないはずです。

その概念が固まってからは、『ほぼ毎日4コマをネットにうpって反応をもらうこと』を心がけました。それも最多執筆枚数につながっています。



□ 2018年の漫画の抱負

2018年の漫画の抱負も『1年で4コマを200本描く』になるでしょうか。再び働きはじめてもペイント4コマなら継続でそうですし…
posted by 牛帝 at 19:34 | 新年の挨拶

2017年01月01日

(2017/01/01) 2017年の抱負

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

恒例の新年の抱負などを。2016年の抱負は『創作者が主人公の読切を増やす』でした。

2017年の抱負というか計画は、まず制作途中で止まっている『俺メチャ』を完結させます。そして『びーむちゃん総集編2』の加筆修正作業を完了させて、5月のゲームレジェンドで頒布します。

その後は、上記の作業が完了した時の気分次第ではありますが、『北斎オタクを学ぶ』のシリーズ連載化を考えています(もうちょっとシュッとしたタイトルにしたいですが…)。

掲載は自サイトにのみして、広告を貼ります。
Google翻訳用に、コマごとにバラして字幕をつけるかは未定。
原稿がたまってきたら、Kindle(Unlimited)と、総集編同人誌(どこでも出版?)で単行本化を考えています。

『WEB広告』『Kindle』『総集編同人誌』の三本柱マネタイズですね。

あとは、僕自身が経営者として無能すぎて、漫画活動が超絶ブラック企業状態ですので、これを少しでもホワイト化していきたいです…
posted by 牛帝 at 00:00 | Comment(2) | 新年の挨拶

2016年01月02日

2016/01/02 続・新年の抱負

新年の抱負を追記してみます。

2016年度の創作活動のおおまかな戦略として、
「『作る人が主人公の漫画』をもっと増やす」
ことを心がけようと考えています。

「また同人王みたいなの描きなよ」と言われ続けてきましたが、漫画家漫画しか描けないと思われるのが嫌だったのと、何を描いても「同人王」に似そうだったのと、長編が辛いことから執拗に避けてきましたが、さすがに「同人王」の毒も抜けましたし、読切主体ならフットワークも軽いですし、ボチボチ良いのではないかと。

自分のようなニッチ系の作家は、最大の強みの「作る人が主人公の漫画」に専門特化して作品数を増やし、ニッチなカテゴリに特化した肌感と厚いラインナップを武器に、トータルでビュー数や頒布数を増やしていくのがマーケティング的にベストではないかと思いました。

あと、創作活動とは関係ないですが、岩波文庫を片っ端から読みたい感もなんだかあります。
posted by 牛帝 at 17:30 | Comment(2) | 新年の挨拶

2016年01月01日

2016/01/01 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年(2015年)は、漫画の大型企画が3連続(※)で空中分解し、人間関係のトラブルも多く、徹頭徹尾心を折られた年でした。
(※水面下でもひとつありました)

2015年5月に「これにて牛帝は終了とさせていただきます」と書きつつ、その後復活しましたが、それからも手痛い負けが続きました。

数少ない成果は、COMITIAネタの読切が異常に伸びたことと、原稿の年産枚数が生涯2位の多さだったことです。

【 牛帝の年産原稿枚数 】

・1位:2007年:193枚
2位:2015年:182枚
・3位:2009年:180枚
・4位:2010年:171枚
・5位:2011年:127枚

描いた枚数もWEBのアクセス数も多かったため、数字で見ると絶好調だったはずなのですが、印象としては虚無感が強かったです。



□ 2016年度の抱負

COMITIAネタの読切が好評だったこともあり、本年度はWEB漫画の読切を中心に活動してみたいと考えています。
「週刊少年ワロス」の単発先生のように、たまに読切を発表して、場の話題をさらってはまたサッと姿を消すスタイルが目標です。



□ 過去の新年のご挨拶

2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
posted by 牛帝 at 00:00 | Comment(3) | 新年の挨拶

2015年01月01日

150101 2015年 新年のご挨拶

謹んで御慶申し入れます(明けましておめでとうございます)。
2015年度の創作活動の目標は、なんといっても「もえど」完遂ですね… それが終わったら、活動のメインを動画か4コマに移していきたいです。



□ 2014年を振り返る

去年もいろいろありました…

>仕事

バイト先に超面倒な人がいて、いろいろモメました。

>健康

心身ともにガタガタでした。また、せっかく痩せたのにリバウンドしてしまいました。

>創作活動

去年の正月から「もえど」ネームをはじめて、丸1年かかってまだ終わってません…(小声)
気分転換に描いた完成原稿は62ページ。「牛子」以外は全て4コマです。4コマ総数は142本になりました。
また、「biimシステム」で短編動画を10本作りました。



□ お金じゃ買えないもの

「もえど」が終わって時間に余裕が出きたら、「お金じゃ買えない代わりに、手間をかければ手に入る」であろうものを求めていく方向性もアリかもしれません。

・健康的でスマートな体
・片付いた部屋(できれば喫茶店のような)
・ジョギングおじさんと化した牛帝
posted by 牛帝 at 00:00 | Comment(0) | 新年の挨拶