2013年09月17日

130917 NOIEさん&赤松さんオフレポ

□ はじめに

2013年9月14日(土)、前からお話してみたかったお二方とお会いしてきました。長文レポです。

130917 赤松さんアイコンs.png

お会いした方は、「フリゲれびゅわーず」管理人で、「フリーソフト超激辛ゲームレビュー」でも長いことご活躍の赤松弥太郎さんと、

130917 NOIEさんアイコンs.jpg

同人ゲームサークル「鉄鋼団」団長のNOIEさんです。「Kinoko」シリーズ「STARLIKE」の作者さんです。



□ オフ会までの流れ

赤松さんとは数年前から面識がありましたが、同人イベントやメールでちょこっとお話するくらいで、直接じっくりお話ししたことはありませんでした。
「今度サシでお会いしませんか?」
と持ちかけてみたところ、快諾していただき、その方向で話が進んでいました。

それと並行して、赤松さんとNOIEさんがサシで会う話も進んでいたようで、機転を利かせて下さった赤松さんが、
「せっかくだから3人で会いません?」
と提案。NOIEさんも乗って下さり、急きょ話がまとまりました。
それと同時に、オフ会の様子をねとらじで生中継することにもなりました。



□ 3人合流

2013年9月14日(土)午前、神奈川県の某駅にて3人が合流。僕とNOIEさんとは初対面なので、リアルNOIEさんはこういう方なんだなぁ…と感動。とても物腰柔らかな感じの方です。しかしここに思わぬ罠(?)が仕込まれていました(後述)。
僕の膝の調子がイマイチなため、バスにて鉄鋼団本部(NOIEさん自宅)に移動。オフ会がはじまりました。



□ Kinoko鍋

今回のオフ会はいくつか企画がありました。ひとつは「キノコ鍋」です。なぜキノコ鍋かというと、NOIEさんの作品「Kinoko」にちなんでです。

「Kinoko」は、全3作のアドベンチャー形式の「バカゲー」です(NOIEさん本人の定義では「ヘタレ」ゲー)。

130917 kinoko1.jpg

2000年の冬コミに偶然出ることになってしまったNOIEさんが、急きょ1ヶ月で作った作品が「Kinoko1」です。当時の空気が詰まった良ゲーなのですが、NOIEさん自身は完成度に不満を持っており、その後1年半かけて続編「Kinoko2」を制作。

130917 kinoko2.jpg

「1」より格段にパワーアップしているのですが、それでもまだ不満だったNOIEさんは、その後4年くらいかけて、さらにクオリティアップした「Kinoko3」を制作。

130917 kinoko3.jpg

蓋を開けてみれば、間に合わせのバカゲーだったはずの「Kinoko」は、7年もの年月をかけ、NOIEさん自身の身を削り、凄まじいクオリティの怪作にして快作になってしまいました。もはや「バカゲー」とも「ヘタレ」ゲーとも言いがたいド迫力の代物です。

130917 starlike2.jpg

現在では、「Kinoko」シリーズで格段に底上げされたポテンシャルを生かし、超ハイクオリティのフリーゲーム「STARLIKE」を制作中です。



130917 キノコ鍋1.jpg

鉄鋼団本部のキッチンにてキノコ鍋が実行されました。キノコは赤松さんが用意してくれました。その数なんと10種類(11種類?)。しかもアガリクスやトリュフ、松茸など、明らかに値の張るキノコも混じっています。
「Kinoko3」で、
「日和るな、カチこめ、さすればトライアゲイン!!」
という名言が出てきますが、鉄鋼団に心酔する赤松さんの辞書に「日和る」の文字はないのだと、何度も思い知ることになります。

130917 キノコ鍋2.jpg

鍋にどんどんキノコをぶち込んでいく赤松さん。その他の肉や野菜、味付け、一品料理等はNOIEさんが担当してくれました。
煮るにつれて、キノコのダシでどんどん真っ黒になっていく煮汁。
「これ大丈夫か…?」
という不穏な空気が3人に流れます。しかし食べてみたら存外ガチでうまい。

NOIEさんが作って下さったおにぎりとゴーヤチャンプルーも実においしくて、会話も弾み、ねとらじ前だというのにやたら話が盛り上がりました。むしろ、
「ねとらじ前にこれだけ話してネタ切れにならないか…?」
と若干不安になるレベル。

そして鍋の途中、NOIEさんが別室にいき、戻ってきたらスキンヘッドになっていました
「え、えぇー!?!?!?!?!?」
実は素でスキンヘッドで、さっきまでウィッグをかぶっていたという流れでした。初対面の時に、
「はじめまして、NOIEです」
と笑顔で挨拶してくださった裏で、密かにドッキリを仕込んでいた油断のならないナイスガイですw

ちなみに、今回のオフに合わせて刈ったのではなく、普段から普通にスキンヘッドのようです。



□ 鉄鋼団湯のみ

130917 鉄鋼団湯のみ.jpg

例の鉄鋼団湯のみもいただきました。これで飲むコーヒーは格別ですw



□ ねとらじ

13:30からねとらじがはじまりました。現在録音が公開されていますので、ここではダイジェストで紹介します。

>NOIEさんと僕のファンアート交換

130917 NOIEさん白子.png

NOIEさん作の肉便器先生です(クリックで拡大)。ありがとうございます!!

130914 Kinokoファンアートs.png

僕が描いた姫路師匠&友ちゃん(「Kinoko」キャラクター)です(クリックで拡大)。



>「Kinoko」&「同人王」パッケージのうmy棒

130917 うmy棒1.jpg

NOIEさんからのサプライズプレゼントです。うまい棒にNOIEさん謹製の「Kinoko」「同人王」パッケージをかぶせた特注仕様です。これは本当にビックリしました。「特注パッケージのお菓子を作るサービス」があるとのことですが、赤松さんといいNOIEさんといい、サービス精神あふれすぎです!

130917 うmy棒2.jpg

しかも一箱!



>サイダーご飯合戦

話が前後しますが、今回のねとらじに向けて、しばらく前から赤松さん・NOIEさんとメールで打ち合わせ(という名の雑談)をしていました。

その中で突然、赤松さんがサイダーご飯を作り、写真を送りつけてきました。

130917 メシバトル1.jpg

僕は体調が微妙だったためスルーしてしまいましたが、NOIEさんは「キリンレモンご飯」で応戦(さすが)。

130917 メシバトル2.jpg

赤松さんはさらに「カルピス牛丼」を作って対抗。

130917 メシバトル3.jpg

最後はNOIEさんが「コーラそうめん」を作ったところでひとまずお開きになりました。

130917 メシバトル4.jpg

別にねとらじ用のネタではなく、突如思いつきでチキンレースがはじまった流れですが、結果的にねとらじでとりあげられて日の目を見ましたw



□ NOIEさんとシンパシー

ねとらじ中も話は盛り上がり、楽しませていただきました。ただ、みんな若干変なテンションに入っていた感もなくもなく、「キノコ鍋のせい…?」という説も微妙にありましたw

個人的に、お二方とはなにかこう自分と近いものを感じるのですが、特にNOIEさんは、
「無料の自主制作作品を数年にわたって作り続けた」
という共通項があるため、「分かる分かる!」みたいなシンパシーを感じることが多かったです。

フリーの自主制作作品を何年も作り続けて、いまもなお現在も元気に走り続けておられるNOIEさんとお話できたことは、すごく刺激になりましたし、勉強になりました。



□ 赤松さんと公園

ねとらじ後、3人で公園に向かいました(そういうリクエストがあったため)。

道すがら、赤松さんに、
「フリゲー以外に趣味はありますか?」
と聞いてみたところ、
「趣味はフリゲーだけです」
と断言され、アツいものを感じました。
ただ「フリゲーが趣味」といってもなかなか世間には通じないらしく、困るとのことでしたが、ややマイナーなオタク趣味だとどうしてもそうなりますよね… 「WEB漫画」も世界観を理解していただくのは難しいです。

赤松さんは、フリゲーレビューサイト「フリーソフト超激辛ゲームレビュー」のレビュワーをすでに6年くらい続けておられます。
さらにここ数年は「フリーゲームあの人に聞きたい」という、フリゲー作者さんへのインタビュー企画も運営しておられます。ゲーム自体は有名でも、作者の実像が何ひとつわからない事が多いフリゲー界にあって、作者さんの姿に迫れる貴重な企画です。
「フリゲ20XX(リンク先2012)」「みんなで決めるフリゲ音楽ベスト100」も彼の手によるものです。赤松さんこそ、フリゲ界には欠かせない縁の下の力持ちと言えるでしょう。

そもそも、今回3人で会おうという流れになったのは、赤松さんが激辛に「Kinoko3・同人王比較レビュー」を書き、「フリーゲームあの人に聞きたい」で鉄鋼団さんにインタビューしたことが遠因です。赤松さんがいなければ、僕がNOIEさんとお会いすることはなかったかもしれません。

あとビックリしたのは、いまだに市販のゲーム機は持ってないそうです。まさに、
「No FreeGame, No LIfe.」
といった感じの男の中の男、それが赤松弥太郎さんです。

そんなことを話しているうちに、リクエストのあった公園に到着。
「3人で突如、公園に行って遊んでほしい。3人が公園に入って、まずどの遊具に手をつけるのか知りたい! 」
というリクエストでしたが、実際の公園は小学生の男女で埋め尽くされており、ちょっと遊具に手を伸ばす余地がなかった&通報の可能性があったため、公園をぶらついただけで終わりました。すいません><



□ 下北沢

その後、赤松さんオススメの下北沢へ行きました。レトロでいい感じの風景が多数残っていたり、面白くてセンスのいい店がたくさんあったり、うわさ通りの楽しい街でした。

130917 下北沢.jpg

ただ、最近街が大改造されたらしく、かなり便利になった反面、昔ながらの景観が消えてしまったのが残念との話でした。

下北沢の街をひと通り見て回ったあと、赤松さんオススメの昔ながらの中華屋へ。2階がお座敷で、なんというか昭和の空気が濃厚に残っていました。NOIEさんと「この空気いいわ〜」と浸っていました。

130917 下北沢中華屋.jpg

ここでもずっと話していました。オフ会開始から8時間くらいたっていましたが、話の濃さが一切薄まらず、むしろ濃くなっていくのはすごいなと、今さらながら思います。ただ濃すぎるため内容は伏せますw

そして食後、下北沢駅に歩いて行き、そこで解散になりました。非常に楽しい一日を与えて下さったお二方に感謝です!! ありがとうございました!!



□ NOIEさん・赤松さん側のオフレポ



□ 鍋オフ・リターンズ

2016/02/08 鉄鋼団鍋オフ・リターンズ&ファン漫画いただきました

2年半後、再び鉄鋼団本部にて鍋オフをさせていただきました。
 
posted by 牛帝 at 10:09 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: