2015年05月18日

150518 「もえど」あとがき




まず、自分の至らなさから、超越前氏が第4話でプロジェクトを降りることとなり、不完全な形で終了してしまったことをお詫び申し上げます。

超越前氏は「クオリティ」をすごく重視します。本業が多忙な中、身を削る努力をして、最高の作画をして下さいました。彼にとって理想の「もえど」は、「絶対的なクオリティを誇る完璧な作品」でした。

一方、牛帝にとっての理想は、「余暇にサクッと描くオモシロWEB漫画」でした。
それは志向の違いというよりは、作家として充実している超越前氏に対して、牛帝がもうスカスカで、使いものにならないことを示しています。

睡眠時間を削って最高の作品に練り込もうとする超越前氏に、牛帝は、もっと雑にしてくれ、クオリティなど二の次でいいから、殴り描きで良いから、とにかく早く進めて終わらせてくれ、楽をさせてくれと主張しました。

客観的に見れば、多忙な正社員である超越前氏が、私生活を犠牲にしてまで最高の作品を作ろうとしてくれてるのに対し、ヒマで気楽なフリーターの牛帝が先に疲れ果てて、グイグイ足を引っ張っていた構図と言えます。
こちらにも言い分はありますが、それでも100%こちらに非があると言わざるを得ませんし、超越前氏が降りるのも当然と言えます。

こんな目にあうのは、漫画描きとして死に損なって、劣化してもなお創作活動を続けたからだと思っています。
昔はしゃいでいても、その後使えなくなった作家は、適当なところでキッチリ潰して葬式をあげるべきでした。
実際にはもう使いものにならないのに、「俺はまだやれる」みたいな顔をしていたから、超越前氏をその気にして、迷惑をかけてしまいました。

「もえど」企画を思いついてから3年間、本当にいろいろありました。至極残念な形ではありますが、唯一の未完作品であった本企画が終わったため、未完の漫画はなくなりました。これにて牛帝は終了とさせていただきます。

牛帝(2015/05/18)
posted by 牛帝 at 23:16 | Comment(7) | はじめに・あとがき
この記事へのコメント
相等の決意があったのだと思われます。
本気 vs 本気。
この本気のベクトルの向き具合がわがすにずれてしまった感じなきがします。
恥ずかしながら私は、ライブを1ヶ月後に控えた4月上旬にアーティストからプロデューサー解任という突然の通告を受けました。いまだに原因が分からず困惑するばかりです。
ショックが原因なのか解りませんが、プロで戦っている事を見せていただろうと思う楽器、エフェクター、ギター、ベースなどを全て売り払いました。逆上したこともあると思いますが、それだけ私が本気だったということだと自己納得して今に至ります。

迷惑な話かもしれませんが、大作を作るのは並大抵の時間では出来ません。何かの合間に作れればそれに越したことがないとは思いますが、それは人それぞれかもしれません。
牛帝さんの作品は単発ものでも楽しませて頂いております。
とりわけ、喫茶店・昭和シリーズ。コピーですと地獄のグルメやwebですとワルキューレなどで楽しませて頂いておりますした。
引退ではなくなにか突発的にペーパーやコピーなどまた拝見させて頂きたい気持ちでいっぱいです。
また、厚かましいですが、今後少し落ち着いてまったりとしてで構いませんが、是非ボーカロイド計画に加わって頂きたいなと思っています。
けじめとしての今回の報告は立派だと思います。別境地でもご一緒出来たらと思います。
なぜならファン(←)がいるからです。
では、Samalla varovainen kehon, toivomme jatkaa mennessä.
Posted by おおなめくじ(辰雄) at 2015年05月19日 02:40
もったいないですね……
ネームを見ると、ここからちょうど話が盛り上がっていくところなのに……
牛帝さんの漫画は何らかの形で続けて欲しいと思います。
Posted by at 2015年05月19日 07:19
途中途中で頭の中で「エターナる」という言葉が
よぎりましたがとうとう・・・
長期共同作業に必要なスキルって
次元の違う高等スキルですからねぇ・・
Posted by 名無しさん at 2015年05月19日 10:47


もえどの投稿、お疲れ様でした。


同人王もそうでしたが、面白くてどんどん読み進めてしまう、という魅力は健在でした。


やっぱり創作は命を削る行為なんですね(畏怖)。


私は作家の、創作と生活がぶつかり合ってしまう苦悩は、推し量ることはできません。


私はもえどから、希望と畏怖のごちゃまぜの感情をもらいました(作品と現実が一致している、、、?)。


とにかく、(まだ終了できるようなエネルギー量では)ないです。


勝手な希望ですが、とにかく気楽に長生きすることを考えて、何か思いついた時に好きなように描いてほしいです。


面白かったです。ありがとうございます。

Posted by jimiko at 2015年05月19日 11:08
早朝5時ごろ、2,3日ぶりにサイトを見て「牛帝終了」を知りました。

晴天の霹靂でした。

「もえど」終了の際には、超越前氏ともども大変だったと思います。
今回、「方向性の違い」の一言では済まない、創作について、
対人的な苦悩があったと思います。



ただ、「なにをもって「牛帝終了」なのか?」とも考えました。

普通に考えれば「WEB漫画」なんでしょうけど・・

最近の活動は「昭和の風景」とか「翻訳テスト」とか「男の料理」・・。
もとは「フリーのゲームのなんとか」?(失礼、ゲームは無知なので)
さらに云えば「牛帝」の名は「アナログ同人漫画」からですから。

ともかく、牛帝は「同人王の牛帝」の一言レビューでは説明できない。


「牛帝になるには、いかなる道があるのか?を暗中模索する覇道独学」
(なんじゃそら・・・、てな感じですが、でも色んな作品も良いけど、
そこに至るまでの暗中模索っぷりが「牛帝」先生かと。


なので、本サイト終了のみならず、WEBそのもの、一切を辞める。

「電源切ったら、ジャンプ卒業」かな?と。(何様なんだよ俺は)


Twitter辞めた時点で、また「失踪扱い」でしょうし・・。(泣)
それに、格安スマフォや、カード取引等の悩みも無くなります。
キッパリWEBから、足を洗ったら「月4万の貯金」もできるハズ。

それで、どうすんっだって話ですけど。


失礼な長文になりました。

ともかく、牛帝氏が「もえど終了」の報告ができたのは
いち社会人として立派だと思います。

プロの漫画家でも、とんでもない投げ方をする
打ち切り終了する例もあります。

WEBにいたっては、挨拶もなしに更新終了が大多数ですから。


次の本サイトの更新を楽しみにしています。
Posted by 何様かたひら at 2015年05月20日 09:55
突然のコメント、失礼します。つい先程本作をニコニコ静画で読み終えた者で、不躾な内容になりますが、感想を形にして伝えておきたいという思いから書かせて頂きました。一方的な内容ではありますが、ご容赦下さい。

僕が牛帝さんの存在を知ったのはつい最近のことで、きっかけは某RTA動画製作者をネタにした漫画を読んでのことでした。淫夢ネタの漫画を気軽に楽しんでいたところ、この作品の存在を先程知り、読み終えました。面白いと思いつつも、残念な終わり方であったと思います。

個人的な見立てを、失礼を承知で書かせていただきますと、牛帝さんは決して画力に恵まれた方ではないとの印象を持っています。話の筋立てや会話の流れは面白いのですが、単純な画力はそれほどではない。物語の展開や会話の妙で楽しませてもらう作家さんだと認識していました。
なので、「もえど」の書き出しを見た時にちょっと期待したのです。牛帝さんが原作に回り、作画は画力がある方が担当するというのはベターな選択だと思ったからです。(超越前氏の絵は、クドいキャラから可愛い女の子まで描き分けられていて好印象でした)
故に、読み進めて知ったこの幕切れは残念と言わざるを得ませんでした。

創作という作業は苦労の伴うものでしょうし、内情の分からない人間がとやかく言うことはできません。が、期待した者の心情としては焦ることなく時間をかけてでも形にして欲しかったとの思いがあります。上記のあとがきを読み終えるとなおさらに。
――しかし一方で、作者が描き続けることができなくなったものを他人がどうにか出来るものではないことも理解しております。要するに、これは作品に対して過剰な期待を抱いた一読者の身勝手な愚痴であり恨み事です。すみません。

「もえど」最終話の投稿コメントには、面白かったという言葉が並んでいました。ラフ画ではありましたが自分も同じ感想です。ですが、僕が思ったような「残念な感想」がほとんどない。肯定か批判かというような意見が偏りがちなネットらしい流れだと思いつつ、「もったいない」という思いから一言お伝えしたいと思い、ここに書き込ませていただきました。

僕個人は牛帝さんの漫画の風味を好んでおり、楽しませてもらっております。なのでこれからも、興味の赴くまま、思いついたものを余裕のある時に描いてもらったらありがたい。失礼な内容の長文、平にご容赦下さい。それでは。
Posted by 匿名希望 at 2015年05月29日 15:20
先ほど書き込んだ者ですが少し訂正を。
創作というものは、制作に時間をかけ過ぎるとモチベーションの維持が難しくなりますし、漫画であるということを考えると、ある程度のクオリティで妥協しつつ仕上げていく方がいいのかもしれないと思い返しました。
素人が意見すべき内容ではないと思いました。申し訳なく。
Posted by 匿名希望 at 2015年05月29日 15:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: