2018年02月12日

(2018/02/12) Twitterアンケートのまとめと収益化に関するアレコレ

僕はもともと感性がちょっとズレてる上に迷走癖があり、ひとりで考えるとあっという間に大迷走をはじめるのが怖くて、しつこくTwitterでアンケートを取っています。毎回お付き合いいただいて恐縮&大感謝です!

数が増えてきたので、ブログにまとめて移して、Twitterの分は削除させていただきます。



□ 現在の考え

いろいろ迷いましたが、週6日『中年男子の日常』を描いて、日曜に単発版権ネタをやり、数がたまったらDLsiteでDL単行本を出すという初期案が良いのではという気がしてきています。

ただ、もともとは薄利多売路線でしたが、頒布部数がせいぜい100部とかそんなレベルですので、薄利多売というか、『薄利少売』であまりにも儲からない(単価の安さに加えて、DLsiteは値段が安いと掛率まで下がってしまうのです)。

良心的にやりすぎて心が折れたら元も子もないので、4コマ1本10円くらいまで価格を上げようかと考えています(76ページで756円)。

以下各種アンケート結果です。



□ WEB連載に関して

・ついいろいろやりたくなってしまうのですが、それよりも『中年男子の日常』の安定連載を求められている感。

20171228_アンケート_4コマ投稿媒体.png

20180104_アンケート_並行連載案.png

20180208_アンケート_連載体制案.png



□ 頒布に関して(媒体)

・紙と電書希望の割合はほぼ半々くらいでしょうか?
・いろいろ検討しているのですが、電子書籍も紙媒体もどれも『帯に短したすきに長し』という感じで、いくら悩んでも決定打が出ずに迷うばかりです…

20171216_アンケート_頒布場所(電子).png

20180114_アンケート_紙の本の委託先案.png

20180208_アンケート_どの購入ルートが便利か.png



□ 頒布に関して(電子書籍)

・利便性と頒布部数ならダントツでKindleなのですが、商業書籍がメインのショップなので、全体的な価格帯が安く、値段が上げられない(ちょっと上げると超割高に見えてしまう)。しかも、ただでさえ安い価格のほぼ7割をAmazonと消費税に持っていかれてしまうため、いくら売れてもほとんど儲からない。
・Kindle専売にすれば印税率が倍の70%に増えるのでうま味ですが、その場合『WEBでの二重公開禁止』という悪辣な規約があり、WEBの過去ログや競合DLショップの販売を基本すべて消さなければなりません。
・無料WEB漫画の数が減ることは、インターネット漫画おじさんとしての戦闘力低下を意味します。紙ならOKなので、商業作品やCOMTIA作品なら良いのでしょうが、WEB漫画とは相性が悪すぎます。
・実はAmazonアフィを組み合わせれば印税35%でもそこそこうま味なのですが、中年男性はアフィが基本好きではないので、中年男性読者がメインの4コマで導入すると反感を買うのではという不安があり、避けたいような気もします。
・結局、DLsiteが一番バランスが良いのかもしれません。
・選択肢に出てませんでしたが、『DMM同人』というのもあり、安い価格帯だと掛率がかなり低いので卸してませんでしたが、700円くらいからはDLsiteとほぼ同じ条件です。

20180118_アンケート_kindleかdlsiteか.png

>参考:Kindle取り分グラフ(印税35%時)

Kindle取り分グラフ.png



□ 頒布に関して(紙の本)

・紙の本の委託先は『とらのあな』が50%でトップという結果に。
・しかし、回答者100人のうちの半分(=50人)ですので、やはり売れて100部とかのオーダーになりそう。経験的にもリアル感のある数字。
・紙の本を100部刷って完売しても原価回収がやっとで全然儲かりませんので、在庫を抱えずに済むオンデマンド印刷システム『どこでも出版』の方が良いのかもしれません。でも『どこでも出版』も価格にもよりますが儲けが薄い…
・『どこでも出版』は謎の名前バレ仕様があってそれも心配でしたが、それに関しては約8割がOKとのことでで意外と大丈夫そう?

20180207_アンケート_紙の本の委託先.png

20180209_アンケート_どこでも出版の可否.png



□ 新キャラに関して

・『中年男子の日常』の男子のキャラデザと新キャラ案は、アンケート結果を反映し、現行の形(男子外観変更なし+危険みづき)に落ち着きました。

20180102_アンケート_男子新キャラデザ案.png

20180112_アンケート_新キャラ案.png

20180113_アンケート_30歳喪女キャラデザ案.png



□ その他

・ヒロインの先行エロ同人案も思ったより抵抗がない感じでした。実行するかは分かりませんが…

20180111_アンケート_先行エロ同人案.png
posted by 牛帝 at 18:56 | 漫画文

2018年01月18日

(2018/01/18) 無自覚にAmazonアフィの規約違反をしていたため修正対応しました

最近、『中年男子の日常』のキャプション文に、同作品のKindle単行本へのAmazonアフィリンクを貼らせていただいていたのですが、「自分の漫画に貼る自作品へのアフィなら大丈夫だろう」くらいの気持ちで、そのことを明示しておりませんでした。不快な思いをさせてしまったら申し訳ありません。

それはAmazonアソシエイトの規約違反でもあり、他にも無自覚な規約違反(Twitter垢等のサイト未申請)が発覚したため、昨夜から今朝にかけてアフィリンクをすべて削除して、Twitterの4コマはリンクなしで再投稿させていただきました。

というか、仮に規約上問題なくても、アフィを貼っているならその旨を明示するべきでした。大変失礼いたしました。

Amazonさんからの要請でこれまでのアフィリンクを全削除して、改めてTwitterの4コマ垢を登録申請したところ、無事に申請が通り、特におとがめもなく、ホッといたしました。



今回はAmazon側が怒る前に自分で規約違反に気づけため、早めに対応してなんとか大目に見ていただけましたが、運が悪ければ、取り返しがつかなくなったタイミングでAmazonさん激おこからの垢BANで詰んでた可能性も十分ありました。

やはり外資系のIT企業は数字は良い反面、無自覚な規約違反などで先方を怒らせた際、運が悪いと一瞬で詰んでしまうリスクは現実的にありうるのではないかとも感じました。



いろいろ調べてるうちに見つけたのですが、いまのDLsite.comにはスマホ対応の『DLsite Play』というサイトが存在しています。

実質的には『アプリ版DLsite』みたいなものですが、おそらくアプリだとエロ同人が原因でAppleやGoogleの審査を通らないため、ブラウザベースで構築したのではないかと推測しています。

『DLsite Play』はクラウド化されており、DLsiteのサーバーに保存されている『中年男子の日常』(DLsite版)やエロ同人をスマホから読んだりと、Kindleのようなこともできます(スマホにダウンロードもできます)。

失礼ながら僕はスマホ版『DLsite Play』の存在を知らなかったので、スマホがメインの読者さんはDLsiteでは厳しいのではないかと危惧しておりました。スマホしか持ってないと、DLsiteで僕の漫画を購入しても、漫画のPDFファイルがスマホのどこにあるのか分からなくなってしまうのではないかと。

その点Kindleは、ファイルの置き場所など考えなくて済みます。それも最近Kindleを推していた理由のひとつです。

しかし、『DLsite Play』でもKindleのようにスマホからクラウドの漫画を読めるのであれば、いい機会かもしれませんし、DLsiteに軸足を移していくのもアリかなとも思いました。

実際にやるかはちょっと考えます。
posted by 牛帝 at 10:35 | 漫画文

2017年12月31日

(2017/12/31) 大晦日のご挨拶

□ 大晦日のご挨拶

2017年はストレスの蓄積から体を壊し、3年半くらい続けたバイトを退職しました。
本来の予定では2〜3ヶ月養生して、旅行でもしてから心機一転働くつもりでしたが、結局年内には体調が回復しませんでした。
無職でも元気ならまだ良いのですが、無職で瀕死というのは辛く、正直なところ人生で最悪の一年でした。

2018年こそは良い年になってほしいのですが、毎年、「今年こそは良い年になりますように」と願っては最悪の一年になる繰り返しですのでまぁ…という感じです。



□ 『中年男子の日常 1巻』

2017年9月から中断をはさみつつほぼ毎日更新している4コマ漫画『中年男子の日常』の分量がたまったので、DLsite他で『中年男子の日常 1巻』を出しました。

ここ数年、漫画運が最悪で、漫画で1円でも稼ごうとすると、相当がんばった挙句に作品がポシャって、時間や労力を大損した上に、『失敗』という事実によって悪循環が加速するばかりでした。

ですが、『中年男子の日常 1巻』では特に辛いこともなく、普通に数千円の収益が入りました。時給換算でも100円を超えており、屑運の僕でもこんなことがあるのかと驚いています。

屑運の僕にもちょっぴり良い流れがくるという異常事態が起こったので、何かの間違いで、これまでの毒が裏返って漫画が大当たりしないかなとひそかに願っております…w



□ 過去最高の年産枚数

2017年は体調不良が激しく、働くどころか、外出すらままならなりませんでした。

しかし、引きこもってたことで逆に創作活動ははかどり、一年間の執筆枚数は過去最高の213ページ/年まで伸びました。

2007年の193ページ/年はもう一生越えられないと思っていたので、それを超えられた上に200ページの壁も初めて突破できて、とても励みになりました。無職だから達成できた数字ではあるのですが…

話は変わりますが、昨年の夏ごろ、Amazon社長のジェフ・ベゾスも愛読した(らしい)、『ビジョナリー・カンパニー2』というビジネス書を読みました。
その影響で、自分が情熱を燃やせることはなんだろうと半年くらい考えた結果、『ほぼ毎日なにかをネットにうpって反応をもらうこと』だと結論づけました。時期によってうpるネタは違いますが、激辛レビューより前の個人サイト時代からもう18年間くらい続けていますので、たぶん間違いないはずです。

その概念が固まってからは、『ほぼ毎日4コマをネットにうpって反応をもらうこと』を心がけました。それも最多執筆枚数につながっています。



□ 2018年の漫画の抱負

2018年の漫画の抱負も『1年で4コマを200本描く』になるでしょうか。再び働きはじめてもペイント4コマなら継続でそうですし…
posted by 牛帝 at 19:34 | 新年の挨拶

2017年10月20日

同人王完結7周年

□ 今年最大のできごとは失業と体調不良

このブログは休止中ですが、同人王完結7周年記念で更新です。今年もいろいろありました。

なんといっても最大のできごとは体調不良による失業ですね… 体調不良はけっこう深刻で、一番ひどかった時は正直死ぬかと思いました。そのころ比べればマシとはいえ、退職から半年近くたった現在でもまだボロボロです。働けないので貯金がどんどん減っていく…



□ 創作活動は好調

しかし時間はあるので、創作活動ははかどりました。1年間(去年10月〜今年9月)の執筆枚数は179ページ。過去最高に近いペースです。割合的には通常漫画と4コマが半々くらいでした。



□ 無修正版『同人王』を再公開

書籍版『同人王』の契約期間が切れたので、先方の許可をいただいて、5年ぶりに無修正版『同人王』を自サイト公開しました。往年の読者さんに喜んでいただけて良かったです。



□ 漫画の収益化を試行錯誤

失業中ということもあり、漫画で少しでも収入を得られないかと試行錯誤したものの、今のところ成功例はありません。

試してみた作戦は、

  • 無料WEB漫画+広告 → 伸びなくて収益にならず
  • 紙の同人誌を作る → 印刷解像度の作画作業に耐えられず
  • 『絵を描いたことない男がTwitterで4コマ作家になる話』をKindleで販売 → 印刷解像度の作画作業に耐えられず
  • 『中年男子の日常』をKindleで販売 → 売れないのではと不安になったのと、単行本用の加筆作業で手が止まる
  • 『同人王』をKindleで販売 → メッチャ面倒なわりに単価が安すぎて嫌になる
  • 『4コマ大総集編』を年末に販売 → 年末になってないのでまだ実行できず

こうしてみると、自分の商才の乏しさを感じるのと、やはり印刷解像度が鬼門ですね…

WEB漫画を単行本化する際の加筆修正作業も地味に鬼門っぽいです。考えてみれば、『びーむちゃん総集編2』も、『同人王(Kindle版)』も、『中年男子の日常』も、すべてそこでつまづいてますし…

ただ、今年の9月に、自分的に描きやすい“ペイント漫画”でもKindle本にできることを発見したので、そっち方面から攻められないかとちょっと考えてます。



□ 中年男子の日常

最近はじめた『中年男子の日常』は、1ヶ月間は過去最高ペースで連載してました。フォーマット的にKindle化も可能なので、収益化問題も半ばクリアできていたはずなのですが、突然流れが止まってしまいました。

原因は主に以下の二点だった気がします。

  • Twitterの未来が暗いし凍結問題が深刻 → Instagramへの移住を検討して迷いが生じる
  • Kindle化時におまけ漫画をつけたい → 毎日更新と並行しておまけ漫画を描けなかった

Twitterに毎日ペイント4コマをうpるだけなら大丈夫だったのですが、Twitter以外に選択肢を広げたり、おまけ漫画を描き下ろす関係でスケジュールが複線化したり、話が入り組んできたら調子を崩してしまいました。

たらればですが、もしTwitter凍結問題が起こってなくて、単行本用のおまけ漫画も諦めていれば、今ごろ普通に80本くらいログがたまってKindle化できていたでしょう。



□ WEB漫画の収益化自体が無理筋疑惑

WEB漫画の収益化は、たぶん3年くらい試行錯誤しましたが、あまりにもとれる選択肢が多すぎて、しかもどれも勝ちの目が薄く、残念ながら自分には無理筋なような気がしてきています。

今後の展望としましては、一応ちょっと考えてることはあるのですが、最近頓挫率がだいぶ高いので、お見せできるレベルになるまでは黙ってます。エターなったら闇に葬ります。
posted by 牛帝 at 16:03 | 振り返りメモ

2017年05月31日

2017/05/31 ブログをPawooに移行予定

Pawoo(@gyutei)

Twitterみたいなやつでマストドンというのがあってそれのpixivがやってる『Pawoo』というやつに日記機能を移行しようと思います。これからしばらくpixivを母艦にする予定ですので、このへんも統一した方が良いかなと。また、今のうちにPawooのフォロワーを増やしておけば、万一Twitterがダメになってもスムースに移行できますし。
posted by 牛帝 at 19:35 | 更新報告